買い手がなかなか見つからず、最終的に出した答えとは!

家を売らなければならなくなったわけ

最初の結婚後すぐに家を買って住んでいたのですが
離婚をする事になりました。

 

離婚後その家には自分だけで住んでいました。

 

もう再婚をするつもりは無かったので独身貴族で愉々自適で過ごしていたのですが
ひょんな縁から再婚をする事になりました。

 

 

当初一年くらいはその家に住んでいたのですが、二人の仕事場の関係、両親の事等もあり引っ越しする事に決めました。

 

もちろん前の嫁の匂いも残る家では新しい嫁さんに申し訳ないという事もあり二人で相談した結果、そうする事に決めました。

 

 

売る為にしたこと

売ると決めたら高く売りたいと思ったのでいくつかのネットで不動産へ問い合わせをしました。

 

しかし既に10年以上住んでいる家なので思うような金額提示は全く有りませんでした。

 

賃貸に出すという事も考えたのですが

 

これも決して便利ではない田舎の家なので簡単には借りてが決まらず

 

にっちもさっちも行かない状況となっていました。

 

 

借金は2000万円弱残っていました。

 

出来る限りそれが無くならないと次の家も買うに買えないので

 

1番いいのは貸せる事だったのですが

 

これも住みながら借りてを探すのは非常に難しく空き家にして探さないとならないと言われ結構苦戦しました。

 

 

2件分のマイホームローンは実は出来ない

 

そうこうしているうちに親の体調も介護が必要となってきていよいよ引っ越さざるを得なくなってきました。

 

 

最後の手段としてとにかく新しい家をまず探す事を始めました。

 

兎に角買って2件分払いながら古い方は売りに出そうと思いました。

 

しかしながらその手段はすぐに打ち砕かれる事となったのです。

 

それは2件目を購入するには非常に高い金利を支払う必要があるという事がわかったからです。

 

 

要は低金利が使えるのはあくまでも居住用としてしようしているマイホームに限定されているとの事。

 

 

2件目以降は事業用となってしまうとの事でした。

 

よってそのような状態での支払いは当初の想定をはるかに超えた支払いとなる為

 

すぐに古い家の借りてが見つかればなんとかはなりますが

 

見つからない時間が長引いたり、仮に見つからなかったら破綻は目に見えていました。

 

 

新しい家と売却後の残りを一本のローンに

そこで最後の手段として多少安くてもしょうがないので

 

不動産屋に買い取ってもらい、その残債を新たなローンに上乗せして、

 

ローンを組みなおす方法を取りました。

 

 

結果としては前の家は200万円程で売却し

 

残りを新たな家のローンに乗せ新たなローンを組む事で目的を達する事はできました。

 

本当はこれも非常に難しい事で今回買った新しい家の土地の担保が比較的よかったので不幸中の幸いでした。

 

家を買う時に気をつけておくこと

マイホームを買う前には、売る事も必ず考えておく事がとても大切なことだと思います

 

家を途中で売る事を想定したら

 

まずは駅から近くの中古マンションを買っておくというのがいいかと思います。

 

 

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック