中古マンションを買値よりも高く売りました

リーマンショック後、夫は仕事を失い無職の状態が2年続きました。

 

そんな私達夫婦がとった貧困時代を切り抜ける策が賃貸ではなく、
中古マンション購入だったのです。

 

 

なぜ売ることになったのか?

夫が無職になって2年の間、私たちは賃貸マンションに住んでいました。

 

そこはとても払い続けられる家賃ではなく、かと言え私たち2人とそれなりの家財道具を収納するには1ルームとはいきませんでした。

 

そこで私たちは、なけなしの貯金を月々の家賃に切り崩していくよりは買う方に充てる、という発想になりました。

 

買うことになったその中古マンションは40年ほど経っているもので、すべてをリフォームしなければ住めない状態のものでした。

 

もちろん、そんな余裕資金はないですからほぼ自分たちでリフォームしました。
当然プロのようにキレイに仕上がるわけはありません。

 

しかし、逆にそれが私たちのモチベーションになりました。

 

 

それから8年経ち、少し貯金が出来たこと。
夫の就職が決まり、数年の職務経験により銀行の審査も下りやすくなりお金も借りることが出来たこと。

 

 

これらの理由により、今の中古マンションを売り、さらに新しい中古マンションを購入することにしたのです。。

 

 

 

売ると決めてからやったこと(査定など)

 

どこの不動産屋に頼むか、何社に頼むかというところが始まりでした。

 

ネットで探すと、何社からも出ている物件だったり1社しか頼っていない物件だったりと様々でしたが、

 

勝手な私のイメージからは何社からも情報が出ていると「そんなに人気がない物件なのか」とも思えますし、

 

不動産会社の担当者さんの信頼も薄くなってしまうような気がしました。
また、会社によって査定額に違いが出ますし、それに対しての私たちの提示金額を重視してくださるところと、

 

はたまた少しバカにしたように「そんな金額で売れるわけがない!」的なニュアンスを含んで話される方と、まちまちです。

 

会社選びは大きなカギになると思います。

 

 

 

売るまでの葛藤や悩み

 

私たちの物件はもとが酷い状態でしかも自分たちでのリフォームですから

 

すぐに売れるわけはないことは承知していました。

 

だから絶対に焦ったりしないよう心に刻みました。

 

 

しかも自分たちで買った値段よりも高く設定しました

 

 

値段を買値より高くした理由は

 

・外壁工事
・共有スペース塗装
・エントランス修繕
・目の前にはコンビニができたこと。

 

 

買った当初から4点追加されていたことでした。

 

しかし、不動産会社は私たちがいくらで入手したか調べれば分かるそうなので、

 

「そんな金額で売れるわけがない」と言って値を叩いてきましたがじっくり辛抱しました。

 

 

絶対プロには売らない!素人に売ろう!と。

 

 

 

トラブルや考えていたことと違ったこと

やはり時間がかかり過ぎると疑心暗鬼にもなり

 

担当者さんがちゃんと動いてくれているのか

 

ちゃんと仕事してくれているのか不安を抱えるようになりました。

 

あまりそこで良い関係にならない時もありました。

 

 

 

実際に売れた金額(査定額とん違いなど)

値引き交渉に備えて査定額よりは随分上乗せして提示していました。

 

それでも担当者の方は私たちの考えを尊重してくださったので、その後の彼の

 

「もう少し下げたらまた反応は変わるかもしれませんね。」という言葉はすっと入っていきました。

 

結果は最初の提示額よりは低いものの、査定額よりは上乗せして売ることができました。

 

 

 

これから家を売る方にアドバイス

信頼のおける会社と担当者は必須です

 

 

自分たちをまず尊重してくれること

 

そして色々な手続きのための資料を事細かに説明してくれるところとそうでないところは大きな違いを生みます。

 

 

事を急ぐと足元を見られてしまうので心に大きな余裕を持ちましょう。

 

 

そのつもりでいた私なのですが、それでも焦る時期はありました。

 

でも何か他にはないものがそこにはあるわけですから。

 

自信を持ってひらすら待ちましょう!"

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック