【体験談】東北の田舎で築25年の二世帯住宅(4LDK)を1,450万で売却

東北地方に住んでいます女性です。2年前に一戸建てを売却した経験がありますので、そのことを振り返ってみます。

 

家を売ることになった経緯

 

売却した一戸建ては県内でもわりと人気がある住宅街にありました。

 

4LDKの一戸建てで、一般的な家族では十分な広さですが、私たちは2世帯完全同居です。

 

さらに義弟や義妹も一緒に同居していることもあり、2人目の子どもを妊娠したのをきっかけに、もっと広い家を購入することにしました。いわゆる住み替えです。

 

 

売ると決めてからまず始めたのは、知人の不動産屋に相談しました。

 

そして家の査定をしてもらいました。

 

築25年くらいたっていたので家自体にそれほど価値はありませんでしたが、十分住めるし、庭つき一戸建てなので1500万円から売り出すことにしました。

 

インターネットで掲載

そしてすぐにインターネットに掲載することにしました。

 

売り出したのが11月初旬であり、すでに新しく引越しする家を購入済みでした。

 

そのため少しでも早く売りたいという気持ちがありました。

 

また住んでいる地域が寒冷地であり、12月になると本格的に雪が降り始めます。

 

無人になった家は雪が積もり、管理上もよくないし、家の購入を検討している人がいても冬場は売れにくくなります。
そのため雪が降る前に何とか売ってしまいたいという焦りの思いもありました。

 

結局インターネットに掲載して1週間ほどで購入希望者が現れました

 

ちょうどその地域近辺で一戸建てを探している家族であり、気持ちよく購入してくださいました。

 

売却金額は1450万円です。

 

 

これから家を売る人へのアドバイス

 

私たちは本当にラッキーで、すぐに買い手が見つかりました。

 

しかしあまり高値を付けて売り出し始めると、ずっと売れない状態になる可能性もあります。

 

相場に合わせて高望みしないことが大事だと思いました。

 

 

値引き交渉はしょうがない

私たちが売却した家は、キッチンコンロのグリルが壊れていたり、風除室のガラスが一部ヒビが入っていたり、畳の状態が古かったりしました。

 

そのため購入後に修理する必要がたくさんあったため、「売却金額から50万円引いてほしい」と言われました。

 

家の不備に関しては申し訳ない気持ちがあったので50万円引くことに抵抗はなかったですが、そういった要望がある可能性を考えておく必要があります。

 

またお世話になった不動産業者への支払い金額も、決して安くないと初めて知りました。

 

自分たちだけでは売却できなかったのでとても感謝していますが、売却後の手数料などを予め知っておかないと後々びっくりすると思います。

 

家を高く売るには

家をなるべく高く売るには良い不動産業者を見つけることです。

我が家も地元のとっても親切な不動産会社さんとの出会いによって満足の行く売買が出来ました。

不動産一括見積もりを利用するのは、価格が高いところを選ぶわけではありません。

複数の業者さんに見積もりをお願いして、信頼できそうな業者を探すのがポイントです。

5社くらいの業者さんと話をすると、その業者さんの考え方などがわかります。

・高い見積もりを出すけど、営業をガンガンかけてくる人
・そっけない態度で、さっさと帰っちゃう人
・親身になって話を聞いてくれて裏表のない人

まずは一括見積もりをしてみてください。

金額も全く違いますが、営業マンや会社の姿勢がにじみ出てくるのでおすすめです。

注意点としては、言葉巧みな営業マンの口車には乗らないように!

→不動産の一括査定はこちらをクリック